読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.やまけんの【いつまでも健康に過ごすために大切なこと】

食事 運動 休息 免疫系 神経系 内分泌系 腸内細菌

013【笑う門には福来る】「免疫力を上げる“笑い”の効果」

今回は、私の講演会でよく使った鉄板ネタ2つです。

  1. タクシーに乗せたお客さんの話

  2. 「笑い」が免疫力を高める

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

 

1.タクシーに乗せたお客さんの話

 

私がタクシーをやっていたときのことです。

ある晩、男性二人連れのお客様をお乗せしました。

二人の会話が耳に入ってきたのですが、それによると、一人の男性がお母様をがんで亡くした様でした。

 

男性は、ある日お医者様に呼ばれてこう言われました。

「落ち着いて聞いて下さい。お気の毒ですがお母様、余命7年です」

「えぇ~~~っ!? 7年?? いや、余命半年とか1年なら分かるけど、7年ってどういうこと??」と、声には出さなかったけれども、心の中で叫んだそうです。

「7年後が予言できるんだったら、このがん、治せんじゃねぇの?」と、またもや叫んでいたそうです。心の中で。。。

 

で、「それまでの間、出来るだけのことをしてあげて下さい」と言うので、その男性、色々として差し上げたそうです。

 

その男性がもう一人の男性に、「色々したけど、何が一番効果があったと思う?」との質問。

皆さんナンだと思いますか? 

答えを聞くと納得されると思いますが、「海外旅行」ですって。

 

やはり、「こんなところに来られた」「こんなきれいな景色」、「珍しい食べ物」、「あ~生きててよかった」という、生きることへの前向きな気持ちが、何より免疫力を高めるという典型的なエピソードだなと思いました。

 

で、さらに続きが。

そのお母さま、結局6年7か月後に亡くなったそうで、その男性もビックリ!

その男性はおっしゃいました。「『医者って凄いなぁ~』って思った」と。

 

2.「笑い」が免疫力を高める

 

昔の人も「笑う門には福来る」と言いましたが、では、生命科学の進歩した現代、それを科学的に検証した人はいるのかと思い、調べてみたところ、ありますねえぇ。

 

もっとも多かったデータは、笑いは「ナチュラル・キラー(NK)活性を上げる」というものです。

NK細胞と言うのは、ナチュラル・キラー(生まれながらの殺し屋)の名前の通り、がん細胞に対して非常に強力な攻撃力を備えていて、がん予防には、このNK活性を高く保つことが有効だと思われます。

 

データは色々ありましたが、典型的なものを一つご紹介します。

 

20~62歳のがんや心臓病を含む男女19名の患者に、大阪ミナミの演芸場(大阪が世界に誇る笑いの殿堂「なんば花月」でしょうね)にて約3時間、漫才や喜劇などで大いに笑う体験をして頂き、直前と直後に採血し、ナチュラル・キラー細胞の働きの度合い(NK活性)を測定しました。 

 

f:id:takyamamoto:20170410113336p:plain

データ出典:「すばるクリニック」(岡山県)、「元気で長生き研究所」(大阪府)、1992年

 

NK活性には「基準値」があり、この範囲に入るのが標準的なNK活性の持ち主です。

 

まず、基準範囲の下限よりNK活性の低い人については、全員上昇しています。

特に⑮の人は、下限以下の低いレベルから、ほとんどMAXレベルまで上昇しています。

相当笑われたのでしょうね(笑)

 

基準範囲内の人は、一人を除いて上昇していますが、全員、基準範囲内での上昇にとどまりました。

 

元からNK活性の高い上限以上の人は、上がる人と下がる人がいましたが、下がっても依然、基準値の上限以上という高いレベルを保ちました。

 

結論は、

「笑いは、特に元からNK活性の低い人に対して、これを上昇させる効果がある」です。

 

その他の調査・研究結果から、別におかしくなくっても笑う、作り笑いでも免疫力をアップさせる効果があるそうです。

ですから、つらい時ほど笑顔を作る

うつむくのではなく、口角を上げるだけでもいい、と言うことです。

 

どんな時も前向きな気持ちをもって、いつも笑顔で(笑)

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとう御座います。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

 

是非、ご意見・ご感想、お叱りなどをコメントでお寄せ下さい。

大変励みになります。