Dr.やまけんの【いつまでも健康に過ごすために大切なこと】

健康 病気 免疫 遺伝子 腸内細菌 がん 生活習慣病 感染症

【セミナー、講演会をさせて下さい】勉強会の講師でもOK! 完全無報酬ですよ!

このブログを始めたとき、1年続けて1万回のアクセスがあればハッピーだって思っていました。 でも、1年8ヶ月で5万アクセス越え! 予想外の喜びです。 お読み頂いた読者の皆様、本当にありがとう御座います。 以前、「病気と免疫」をテーマに講演会をやらせて…

号外【Serendipity!】貴方も持ってる!失敗から大逆転する才能!

偶然? 必然? 棚からぼた餅? 科学者の偉大な業績のなかには、偶然の産物や単なる幸運に見えるものも多くあります。 しかし、ノーベル賞を受賞するような研究者は、偶然の出来事や予想外・期待はずれの結果から、より重要な真理を見出す能力を例外なく持っ…

やったかみたか!! 本庶佑先生ノーベル賞おめでとう御座います!

本庶佑先生、本当におめでとう御座います(^^) 坂口志文先生が共同受賞されなかったことは、私はノーベル賞選考委員会に抗議を申したい気持ちです。 でも、本庶先生。本当に、本当に、おめでとう御座います。

【10月2日ノーベル生理学・医学賞受賞者発表!】坂口志文先生、本庶佑先生、か?

またまた今年もこの季節がやってまいりました(^^) 2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者発表は10月1日夕方(日本時間)です。 今年こそ、制御性T細胞の発見者・坂口志文(しもん)先生と、新規ながん免疫療法(免疫チェックポイント阻害)の発見者・本庶…

Facebook でお友達になってくださいヽ(^o^)

本ブログを始めて一年半。50,000回近くのアクセスを頂きました。 本当にありがとうございます 読者の皆さま。もし、よろしければFBでお友達になってください。 その際には一言、ブログの読者だと書きそえて頂けると嬉しいです。 よろしくお願い致しますヽ(^o…

090【ワーファリン誕生秘話】害獣駆除剤から生まれた良薬

目次: 血栓症を予防するワーファリン 全米屈指の名門、ウィスコンシン大学 奇病!「スイートクローバー病」 特定された原因物質 殺鼠剤「ワーファリン」命名の由来 殺鼠剤で自殺を試みるも死に切れず! 殺鼠剤で死なないスーパーラット 飲み忘れても、決し…

089【イタ~い帯状疱疹に水ぼうそうワクチン??】ヘルペスウイルス(その1)

目次: 帯状疱疹は水ぼうそうと同じウイルスが原因 ヘルペスウイルスは二度と体から追い出せない! 最近まで発見されなかった8番目のヘルペスウイルス 水ぼうそうワクチンを開発したのは私の先生 水ぼうそうには二度とかからないのに、どうして帯状疱疹にな…

号外【DNA二重らせん構造発見物語】盗んだデータでノーベル賞!?

目次: ワトソン博士はバードウォッチャー DNAの構造を解明するには、どうすればいい? ウィルキンスとの出会い ウィルキンスの悩み 決め手になったデータは盗んだもの!? 果てしのない模型いじり そしてノーベル賞へ ロージィとウィルキンスとノーベル賞 …

088【「ヒトゲノム計画」のその後】終わってみて、何かいいことあったのかい?

目次: 1.「アポロ計画」より、はるかに高くついた? 2.全部分かったとして、それで何かいいことあるの? 3.「1000ドルゲノムシーケンス」を実現した技術革新! 4.既に何千人もの日本人のゲノム情報が登録されている! 5.人間は神の領域に踏み込も…

087【「丸山ワクチンの真実」がん(その11)】着想から70年以上!末期がんから生還した人数知れずも、いまだ未承認の「元祖がん免疫療法剤」

目次: 1.ワクチンでガンが治るって? 2.がん免疫療法の祖、丸山博士は皮膚科医 3.結核ワクチンが、なぜハンセン病にも効くのか!? 4.腫瘍免疫学を半世紀以上先取りしていた偉人 5.口コミで広がった丸山ワクチン 6.承認治療薬を目指して 7.不…

読者の皆様へのお礼【「ピノコ」と「エクソシスト」がご好評を頂いています】

本ブログを始めて、1年と1ヶ月が過ぎました。 過去110個の記事の中で、最近ご好評を頂いているのが「ピノコ」と「エクソシスト」ですね。 お読みくださった読者の皆様、本当にありがとう御座います。 とても励みになっています。 takyamamoto.hatenablog.com…

号外【ガールフレンドとドライブしてノーベル賞だって?】20世紀の生命科学史上最大の発明「PCR法」!

目次: 1.ある夜の出来事 2.逆転の発想! 3.DNAそのものをコピーして増やす!! 4.PCR法の原理 5.シータス社の技術者たちの苦闘! 6.ノーベル賞は誰のものか? 7.PCR法初体験の私の感動物語 8.PCR法がもたらした革命! 9.「それでは、もう…

路線変更第3弾【日本語ができない日本人】

目次: 1.エリート官僚も知らない「海千山千」の意味 2.「うがった意見」って悪い意見? それともいい意見? 3.アナウンサーの「あわやホームラン!」?? 今回の【路線変更】は、か~~るい読み物になっています。 どうぞ、気楽にお読みください(笑…

086【凶悪犯罪者は病気なのか!?】明らかにされつつある「犯罪遺伝子」の存在!

目次: 1.バイオレンス系のビデオゲームが、青少年の凶悪犯罪を誘発するひとつの原因となっているのか? 2.凶悪犯罪は心の病気か? 3.神経伝達物質のシュレッダー 4.シュレッダーは「戦士の遺伝子」 5.「戦士の遺伝子」は「犯罪遺伝子」なのか!?…

訃報【ホーキング博士逝く】難病ALSと戦い続けた「車椅子の天才物理学者」

3月14日、イギリスの理論宇宙物理学の巨人、スティーヴン・ホーキング博士が亡くなりました。 とてもショック! だって、この人が死ぬ日が来るなんて、考えたこともなかったから。。。 www.bbc.com すでに就学前(つまり幼稚園のとき)からウルトラセブン大…

085【「感じの悪い」笑顔を見るとストレスがたまる】

笑顔の素敵な貴方に(笑) 今回は、会社の人が教えてくれた心理学の論文の内容を紹介します。 www.natureasia.com ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡 皆さん、「笑顔」が持つパワーって絶大ですよね。 「私は貴方の味方ですよ」、「貴方は大丈夫です」、「頑張って…

084【臨床検査について考えてみよう(その2)】次世代のがん検診「リキッド・バイオプシー」

目次: 1.「スクリーニング検査」の具体例 2.どうして、病気の人を正しく「病気」と判定し、異常のない人を正しく「異常なし」と判定できないの? 3.「感度」と「特異度」 4.便潜血検査に代わる大腸がんのスクリーニング検査は現れるのか? 5.「リ…

083【臨床検査について考えてみよう(その1)】「要精密検査」で精密検査を受けたのに「異常なし」だって?

目次: 1.「臨床検査」って? 2.検診で「要精密検査」。でも、面倒だから行きたくないんだけど。。。 3.死を覚悟した私の実体験 4.検診で「要精密検査」。でも、精密検査では異常なしってこと、結構あります 5.疑わしきは全員逮捕! 「スクリーニ…

082【そんなに凄いの?「ゲノム編集」(その3)】「悪魔の技術」か「神の御技」か!?「クリスパー・キャス9」が可能にした「遺伝子ドライブ」

目次: 1.「遺伝子ドライブ(Gene Drive)」とは? 2.「メンデルの遺伝の法則」を復習しよう 3.神の技術が「遺伝子ドライブ」を可能にした! 4.「遺伝子ドライブ」で何が出来る? 5.SFホラーか!? 「遺伝子ドライブ」の原理 6.実用化が近い「遺…

081【そんなに凄いの?「ゲノム編集」(中編)】ゲノム編集の実際

目次: 1.具体的にゲノム編集するにはどうすればいい? 2.神のハサミ「クリスパー・キャス9」とは!? 3.「神のハサミ」の作り方レシピ 4.ハサミで切って遺伝子を破壊するだけでも色々できる 5.ゲノム編集によるHIV感染症の治療 6.ゲノム編集し…

080【そんなに凄いの?「ゲノム編集」(前編)】山中先生も大絶賛「iPS細胞なんか足元にも及ばない!」

目次: 1.そんなに凄いの?「ゲノム編集」 2.何が出来るの?「ゲノム編集」 3.以前は出来なかったの? 生物の「遺伝子改変」 4.「ゲノム編集」の応用例 農水産物の品種改良 HIV感染症、筋ジストロフィーなど難病の治療 5.改めて「編集」という言葉…

079【ピノコは実在するのか!?】16歳少女の卵巣から髪の毛と頭蓋骨、そして脳までも!!

目次: 1.衝撃の事実! 少女の卵巣から人体の一部が!! 2.ピノコは実在するのか!? 3.受精しなくても体はできる!! 4.テラトーマからピノコは生まれない! 5.医学の進歩が子供の夢を壊したのかな? 今年初めての記事アップです。 本年もよろし…

078【本当に当たるのか??】巷にあふれる遺伝子占い

目次: 1.今はやりの遺伝子検査 2.実例 ―遺伝子型と体質との明確な関係― 3.「後ろ向き試験」と「前向き試験」 4.結論 ―前向き試験で実証されたものは、まだ少ない― ウォ~~~ッ! なな、なんと、今年も今日と明日で終わりではないか!! 早い! 早…

077【がん細胞は制御性T細胞を利用して免疫系の攻撃をかわしている!?】Foxp3低発現のT細胞が意味するところとは?

目次: 1.免疫チェックポイント阻害剤は、なぜ効く人と効かない人とに分かれるのか? 2.ある種のがん細胞は、制御性T細胞を利用して免疫系の攻撃をかわしているのか 3.予後の良い大腸がんでは、Tregの働きが弱い! 4.人類は腸内細菌を人為的に制御し…

路線変更第2弾【プロジェクト・アリストテレス】Googleが見出した、チームに最高の成果をあげさせるための唯一の方法とは!?

目次 1. 「プロジェクト・アリストテレス」とは? 2. 共通項が見つからない! 3. 団塊世代の課長の悲しいチームマネジメント 4. 私の議論の進め方 5. 答えは「心理的安全性」 前回の記事から1ヶ月以上も空いてしまいました。 以前、病気のネタが尽…

号外【苦悩する藤浪に見せた、広島カープ・大瀬良の男の優しさ】

目次: 1.晋太郎と大瀬良。二人の若者。「人間、捨てたものじゃない」! 2.YouTubeで晋太郎くんの投球を分析してみた! ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡 1.晋太郎と大瀬良。二人の若者。「人間、捨てたものじゃない」! 前回【076】のブログで、「イップス…

076【実は私、イップスなのです】試合になるとボールが投げられないピッチャー

目次 1.藤浪晋太郎くんの深い苦悩 2.元々は世界的名ゴルファーから ちょっと寄り道:神戸市民の心を支えたオリックス・ブルーウェーブ 3.イップスは病気なのか? 4.私の実体験 ~イップスに罹った者の心理~ 5.この手の病気に「頑張る」は厳禁! …

075【殺人ウイルスもののエンディングは殆どが嘘っぱち!】ホントはみんなお陀仏!

目次 1.血清でウイルス感染症が治るという大きな誤解! 2.抗体にできることと、できないこと 3.「抗体依存性細胞障害活性(ADCC)」って?? 4.ADCCを利用した抗体医薬品の実例 今回も専門用語がいくつか出てきますが、そんなの読んだ次の瞬間に忘れ…

074【やはり制御性T細胞が流産を防いでいるのか?】

目次 1.ヒトのTrge研究は難しい! 2.不妊の原因のひとつはTregの機能異常なのか? 3.ついに見つけた! 妊婦ではTregが増えているという論文!! 4.Treg研究は、21世紀の医療のメインストリームとなるだろう! 前回の【073】に続き、制御性T細胞のお…

073【自己反応性の免疫細胞ができることは織り込み済みだって!?】

目次 復習:なぜ、私たちの体には自己に反応する免疫細胞が存在するのか? 告白します! 過去ブログの図は間違っています! 自己反応性免疫細胞ができることは織り込み済み! 獲得免疫は抗原特異的 残念ながら、今年の日本人のノーベル生理学・医学賞受賞は…